家庭教師の会社はどこも新設・丁寧な教え方で成り立っていると思ってしまいますよね。しかし、家庭教師に悪質な派遣会社が存在するかというと中にはあるかもしれません。こちらではどのような派遣会社が悪徳なのかをご紹介していきます。

  • ホーム
  • 札幌の家庭教師、1対1と2対1ではどちらが良い?

札幌の家庭教師、1対1と2対1ではどちらが良い?

歩く男女

札幌の家庭教師は1対1のことが多ですが、まれに2対1のこともあります。
勉強が苦手な子供だったら、1対1の方が好ましいです。
1対1は先生がずっと横について教えることができます。
これによって、子供が勉強に集中できるようになります。
勉強が苦手な子供は、机の前にじっと坐っていることができません。
立ち上がってよそ見をしたり、手遊びをしたりします。
集団の授業を受けたら、このような態度を見逃されてしまうこともあるので、いつまでたっても成績は上がりません。
1対1の場合は、先生の目があるので勉強以外のことをするのは不可能です。
どうしても勉強に集中しないといけないので、少しずつ成績が上がっていきます。
勉強をする習慣がついたら、今度は子供は分からないところを質問できるようになります。
これは大切な点で、質問によって分からないところが理解できるようになったら、勉強を面白いと感じます。
そして勉強に意欲が出てきます。
2対1でも質問はしやすいですが、1対1の方がもっと容易に質問できるようになります。
2対1は、成績の良い子供に向いています。
成績の良い子供だったら、先生がついていなくても自主的に勉強できます。
先生が教えることも大切ですが、それ以上に重要なことは子供の自主性です。
入試のときは、先生が受験をするわけではありません。
子供が受験をします。
子供に問題を解く能力がないと、試験には落ちてしまうことが考えられます。
自主性を育てるためには、先生に教えてもらうだけではなく、一人で勉強することも大切です。
成績の良い子でも、分からないことは出てきます。
そんな時は、先生に質問しなればなりません。
2対1の授業の場合ですと、集団の授業よりも質問しやすい良さがあります。

関連記事
人気記事一覧